天気予報 2週間

天気予報って、ずっと先まで予報されれば便利だと思いませんか?

1か月前とは言わなくても、せめて2週間位前に、天気の状態が分かれば余裕を持って
「 予約のキャンセル 」「 新たなホテル・旅館の予約 」「 新たなイベントの予約 」が出来そうです。

テレビのニュースなどで、2週間 またはそれ以上の期間の天気予報を聞いたことがありません。
「1週間」 というのが、現代の天気予報の限界なのでしょうか?

天気予報  2週間先の天気を知る方法それは…

 

スポンサードリンク


 

週間天気予報スタイルで2週間分をまとめているサイトが存在します。

海外のサイトなのですが、日本の天気予測では不安な場合があります。

やはり日本の気象状態は日本の天気予報で知るのがいい。

日本では2週間単位ではなく、10日区切りが多い。

週間天気予報か、10日後の天気予報を活用するようにしましょう。

天気予報 ウェザーニュース

ウェザーニュースの天気予報は1番当たる!

天気予報を進化させる気象サイト、それがウェザーニュースです。

毎日の生活から災害時まで、最多・最新・最速で、最適な気象情報をお届け。

 

スポンサードリンク


 

全国200万人のウェザーリポーターからのお天気リポートにより、
今の天気はもちろん、自然災害による生活への影響も、いち早くつかむことができます。

今日の天気、明日の天気、週間天気予報や1時間ごと、3時間ごとに詳細な天気・気温・風向風速を確認。

便利に使える、それがウェザーニュースです。

天気予報 3時間ごと

3時間ごとの天気予報は、たいていどの天気予報サイトでも見ることが出来ます。
気温、降水量などに加え、台風情報、警報注意報まで出ているサイトが多く、お出かけ計画に役立ちます。

毎日5時・11時・17時の1日3回発表します。

地域時系列予報は気象庁のホームページで確認出来ます。

 

スポンサードリンク


 

天気予報 1時間ごと

アメダスや気象衛星の画像から、現在では1時間ごとの天気が詳細にわかります。

最小単位は10分。リアルタイムでも確認が出来る天気予報サイトが増えて来ています。

天気予報 2週間 大阪

天気予報の観測地点で大人気なのが大阪です。

さすが商売の街らしく、商いを行っている人が多いのでしょう。

天気を気にする人が多い都市になっています。

全国的に見ても天気予報を知りたい人が多い大阪。

そんな大阪の天気は様々なサイトで確認することが出来ます。

日本気象協会

AccuWeather

ヤフー天気

天気の予測にあまり変わりはありませんが、様々なサイトを確認して、自分なりの予報を立てて活用すると楽しいかもしれません。

 

スポンサードリンク


 

天気予報 10日間

日本の天気予報は区切りが10日が多いです。

そもそも天気予報ってどのくらい当たるの?

今日や明日の天気予報と比べれば3~7日目の天気予報の精度はある程度は落ちてしまいます。

気象庁による2016年までのデータを見ると、2016年の降水の有無の予報の適中率は、17時発表の明日予報は平均して85%程度ですが、週間天気予報の3~7日目平均では、平均で75%程度となっています。

それでも、週間天気予報の降水の有無の適中率は、年々精度が上がってきています。12カ月平均の値は1992年に比べて2016年は10ポイント近く上昇しているのです。

実は、長期間予報は、当たりやすい日と当たりにくい日があります。もし、週末の天気が本当に気になるのであれば、気象庁ホームページの週間天気予報をチェックするとよいでしょう。

気象庁ホームページを見ると、テレビやスマホアプリの週間天気予報とちょっと違うことがわかります。

おなじみの天気マークの下に、ABCのアルファベットが記載されています。

これは、信頼度と呼ばれるもので、ABCの順に、予報が適中しやすく、当日が近づくにつれて予報が変わりにくいことを示しています。

つまり、月曜日に見た週間天気予報で週末の天気が雨と出てガッカリしていても、その下にCがあれば信頼度は低いので、今後週末が近づくにつれて晴れマークになるかもしれないのです。