大蔵村肘折

強い寒気の影響で、再び、日本海側を中心に大雪となっており、13日にかけて警戒が必要。

強い寒気の影響で、再び、日本海側を中心に大雪となっている。先週、記録的な大雪に見舞われた福井で雪が続いているほか、山形県の大蔵村肘折では、この冬、全国で初めて積雪が4メートルを超えた。肘折で4メートルを超えるのは、5年ぶり。

また、太平洋側の仙台でも雪雲が流れ込み、積雪は一時、18センチに達している。

13日にかけて、日本海側を中心に大雪が続く見通しで、予想される雪の量は、北陸や東海で70センチ、東北や近畿で50センチから60センチなどとなっている。

大雪による交通障害などに警戒が必要。

 

スポンサードリンク

 

大蔵村肘折 積雪

気象庁によりますと、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、上空およそ5000メートルには北日本で氷点下42度以下、北陸地方で氷点下36度以下の強い寒気が流れ込んでいるため、北日本から西日本の日本海側を中心に雪が強まっています。

午後1時の積雪は、山形県大蔵村肘折で4メートル4センチ、福井県の大野市九頭竜で2メートル53センチ、山形県新庄市で1メートル75センチ、新潟県長岡市で1メートル1センチ、福井市で87センチ、富山市で43センチなどとなっています。

強い冬型の気圧配置が続くため北陸など、北日本から西日本の日本海側を中心に、13日にかけて大雪となるおそれがあります。13日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、北陸と新潟県、それに岐阜県で70センチ、東北で60センチ、近畿で50センチ、北海道と中国地方で40センチ、四国と長野県、それに山口県で30センチなどと予想されています。

 

スポンサードリンク

 

大蔵村肘折 山形県

大蔵村(おおくらむら)は、山形県の北部、最上地方の南部にある人口約4千人の村。「日本で最も美しい村連合」に加盟する。

村の南側の大部分は月山、葉山と、それに連なる山々に覆われている。村内を南北に縦断する銅山川に沿った国道458号は、肘折以南が悪路の国道として知られている(十部一峠参照)。村の役場などの機能は新庄市にも近い村の北端、最上川付近に集中する。

特別豪雪地帯に指定されており、大蔵村肘折地区に設置してあるアメダスの平年値は年間総降雪量1635cm、年最深積雪は321cmと本州屈指の豪雪地帯である。

大蔵村清水地区は、最上川の舟運の積出港として大きな規模を誇り、中世には、最上氏の一門により清水港の対岸に平山城である「清水城」が築かれ、最上地方南部の領国経営の中心地でもあった。江戸時代に最上地方の領国経営の中心が新庄藩に移ると衰退を始めるが、舟運が廃れるまでは清水河港は繁栄を続けた。出羽三山への参詣路でもあった舟形街道が通っており、本陣が置かれ、当地において酒造業も営まれた。清水河港で陸揚げされた物資は、舟形街道で羽州街道舟形宿まで運ばれ、そこから最上地方全体に運ばれた。一方、南部の肘折温泉は、湯治場として人気が高く、霊峰月山の登山口にもなっているため、現在にも続く大蔵村の最大の産業である。さらに、寒河江市との村境付近には、かつて日本有数の銅山「幸生銅山(永松鉱山)」があった。

1889年(明治22年)4月1日、清水町村、合海村、南山村、赤松村が合併し発足。

 

スポンサードリンク

 

大蔵村肘折 超

【山形で積雪4m超 今季全国初】強い寒気の影響で、再び日本海側を中心に大雪となっている。山形県の大蔵村肘折ではこの冬、全国で初めて積雪が4メートルを超えた。

■強い寒気の影響で日本海側を中心に大雪となり、13日にかけて警戒が必要

■山形県の大蔵村肘折では、この冬、全国で初めて積雪が4mを超えた

■13日にかけて予想される雪の量は、北陸や東海で70cmとなっている