ハンゲーム お絵かきの森

概要

オンラインゲームサイトハンゲームで提供されているブラウザゲーム。
プレイ人数1~6人で、2人以上集まると「お題」が描き手に出され、他のプレイヤーが制限時間内にお題をあてる「エゴコロゲーム」が遊べる。
システムとしてはフリーハンドのみ、消しゴムと全消し機能が備わっているシンプルなもの。

「かんたんゲーム」カテゴリの中では珍しい、インストール不要のゲーム。
いわゆる「プチハンゲーム」ではないので、プレイするためにはハンゲームにユーザ登録する必要がある。

クイズゲームは自身を含めて2人~6人で遊ぶことが可能。
「かんたん」「ふつう」「むずかしい」「すべて」の4つからお題の難易度を選択できる。
難易度は部屋の作成時か、その時の部屋のホストのみが変更可能。
「むずかしい」以上の場合、そのファンシーな雰囲気に似つかない鬼畜お題が来ることもあるので、覚悟して挑むべし。

なお、クイズゲームはせずにお絵かきだけを楽しむ部屋もあるので、部屋の名前は確認しておくのが吉。
「ゲームなし」「ゲ無」などと書かれている部屋がそれにあたる。

 

スポンサードリンク

 

ルール

同じルームに集まった全員が「ゲームスタート」をクリックするとゲーム開始。
最初に「描き手」がランダムに選ばれ、他の参加者は「回答者」となる。
描き手は次々と交代していくが、正解した人がそのまま描き手に選ばれるケースが多いようである
(※既に正解者が描き手となっていた場合を除く)

他の人が描いた絵を当てたり、描いた絵を当ててもらったりすると得点ゲット&描き手交代。
正解することができなかったとしても特にペナルティはなく、描き手が替わるのみである。
全員合わせて7つの絵を描いた時点で1ゲーム終了となり、一番得点の高い人がMVPとなる。

なお、ゲームの内容に応じて「スマイルポイント」や称号が溜まっていき、
新しい色のクレヨンを使えるようになったり自己紹介欄に新しい肩書きを追加することが出来るようになる。
使える色が少ない!という場合はたくさん遊んでみよう。

描き手

「お題」欄に表示されるモノをキャンバスに描く役。
回答者だけではなく描き手にも得点が入るため、分かりやすい絵を描くスキルが必要とされる。
中には「どう描けっつーんだこんなもん!!」と叫びたくなるようなお題(例:キラースマイル)も混じっているが、
出来る限りの努力(マリオに出て来るキラーとその横にスマイルマークを描く、など)をもって応えよう。

同じルームに4人以上の参加者が存在する場合、
最後のお題は2人~3人で描く「協力モード」で答えることになる。
得点の低い人が描き手に選ばれ、かつ正解した場合は描き手全員にボーナスが入るため、
MVPに向けて逆転する最後のチャンスとなる。

遊び方

エゴコロゲーム

参加者2人以上で全員が「GAME START」を押すとエゴコロゲームが始まる。
自動で描き手が決められ、お題に沿って制限時間内にお絵かきをする。
描き手以外の参加者がお絵かきを見てお題を当てられれば正解者にポイントが入り、クリアとなる。
参加者がお題を答えられずタイムオーバーになると次のお題に移る。

答えは全て全角ひらがなで入力しないと正解としてカウントされないので注意。
ゲームが終了すると獲得ポイントや称号の確認、描いた絵の投稿などが行える。

 

スポンサードリンク

 

練習モード

ルームを作るor入室した時点のモード。
参加者が自由にお絵かきしたり、チャットを楽しむことができる。

協力モード

4人以上で出現するモード。
エゴコロゲームで描き手が複数人選ばれる。

遊んだ感想

クイズ形式で出されたお題の絵を描いて、他の人が当てるというもの。

いくつかのお題を拾って、時間を掛けて描いてみました。

絵を簡単に保存できるようになった新機能は、スバラシイと思います

答えが分かった時点で答えるので、実際はこんなに描き込めないし、時間もない。

でも1人でコツコツ描けるとこもあるので、いいと思う。

ただ、マウス画なので、特に真っ直ぐな線が描けない汗

まぁ、仕方がないよね。

 

スポンサードリンク